妻に対する怒りvsオキシトシン

これまでの使用で、オキシトシン・ラブには気分を落ち着かせる効果があることは分かっているんです。

 

また、一般的には他人に対して優しい気持ちが湧いてくるとも言われています。

 

しかし、普段の通常状態で、その必要性があるかというと、そういうわけではないと思います。

 

他人に対してイライラしている時、怒っている時にこそ、その効果が必要なのだと思います。

 

そういう機会があったら絶対に使ってやろうと待っていましたが、ついにその時がやってきました。

 

 

ある日の朝、子供が風邪を引いたので妻から病院に連れて行って欲しいと言われました。

 

帰ってきたら、内鍵が閉まっていて、中には入れません。

(↑こういう状態)

 

インターホン鳴らしても、妻の携帯に電話しても、気づいてもらえません。

 

5分ぐらいドアを叩き続けてようやく妻がドアを開けに来ました。

 

「おまえ、何余計なことやっとるんや!子供を抱っこ紐で持った状態で5分も待たせやがって嫌がらせか!?」

 

「何キレてるの?内鍵締めるのは癖だから仕方ない。鍵を閉めないよりマシでしょ!」

 

「はあ?癖だったら何やってもいいんか?なんやねんその言い訳は!?」

 

「だから、キレないで!」

 

「いや、こんなん誰でも怒るやろ!」

 

はい、オキシトシン・ラブの出番です(笑)

 

すぐに自分の部屋に戻り、オキシトシン・ラブを3プッシュ。

 

ちょっと落ち着いてきた。

 

が、まだ怒りが消えない。優しい気持ちが湧いてきません。

 

だいたい、奴が悪いのになんでワシが悪い風に言われないかんのや!?

 

イライラする。

 

あー、ダメだ。追加で怒涛の5プッシュ!

 

うーん、マシになってきた。

 

でも、完全に怒りやイライラが収まったわけじゃない。

 

まあ、半分ぐらいは収まったか。

 

優しい気持ちが湧いてきたかどうかは微妙。
そんな気もするけど気のせいかもしれません。

 

 

それにしても恐るべしは妻のムカツキ加減か、それともそれを半分打ち消したオキシトシン・ラブか。

 

ということで、この勝負は引き分けということで(;´Д`)
→オキシトシン・ラブの詳細・口コミはこちら